【肉食ダイエット】ステーキやサーモンを毎日食べることは体に良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-FCFOU_stake-thumb-autox1000-16974
 “アミノ酸”と聞くと、
ダイエットに効果的だという認識が強い人も多いかもしれません。
 

 

こんにちは。

筋トレ ダイエット 口コミ 掲示板 管理人のRockです。

 

 

タンパク質は20種類ものアミノ酸が結合して構成されており、
その種類や構造は異なり、食事で摂取できるものもあればできないものもあります。そんなアミノ酸研究において、イギリスで新たな研究結果が発表されました。

 先日、学術雑誌「ジャーナルニュートリューション」に掲載された研究結果によると、
タンパク質を豊富に含む食材を食べることは、より血圧上昇を抑えられ、
より動脈も健康的になるので心臓病や心臓発作になりにくいことがわかりました。

 

体内の細胞や組織、筋肉などの強化促進に、
タンパク質の構成成分であるアミノ酸が関係しているという。

 

 

研究者たちは肉や魚、乳製品、豆、ヒラマメ、ブロッコリー、
ホウレンソウなどのタンパク質を多く含む食べ物はすべて効果的だと指摘しています。

 

 

 

研究はイングランドのイースト・アングリア大学の研究チームによって、
2000人のイギリス人女性を対象にして行われました。

 

研究者たちは、
7つの異なるアミノ酸に注目しながら女性たちが食べた食べ物を調査。

 

 

アミノ酸の中でもグルタミン酸、ロイシン、チロシンは肉や乳製品に多く含まれており、
これらは動脈硬化のリスクを下げる可能性がありました。

一方でアルギニン、システイン、グリシン、ヒスチジンといった
野菜や豆に多く含まれているアミノ酸は血圧を下げる効果と関連付けられました。

 

 

今回の研究のリーダーである、
イースト・アングリア大学のアミー・ジェニング博士は、
この研究結果は、

「アミノ酸の中でもいくつかの種類は循環器系疾患において予防効果があることを示す。

タンパク質が豊富に含まれる食べ物を摂取することは、
日常生活で簡単にできる心血管疾患のリスクを減らす方法の1つだ」と主張している。

 

 

この研究結果の中でジェニング博士が最も驚いたことは、
こうしたアミノ酸を摂取することで、塩分の過剰摂取や運動不足、
アルコール消費や喫煙といったすでに確立されているライフスタイルにおいて
病気になる要因を解消することと同じくらいのレベルで効果的だということでした。

 

特に、動脈硬化予防においては、
タバコを吸わないでいることと同じような改善傾向が見られたという。

 

ジェニング博士は
「動脈硬化、高血圧、血管縮小などで心血管疾患や脳卒中など
さまざまな病気が引き起こされる。
これらを予防する具体的な食事療法として、
1日に75g程度のステーキ、100g程度のサーモン、
1パイントのスキムミルクを摂取することは有効である

 

ダウンロード
と、今回の研究結果を日常的に食事に取り入れることを推奨しています。

 

 

 

肉食であることは
健康にもダイエット効果にも
いいんです。

 

 

 

結局、ダイエットに成功しても
健康を損ねたらダメですよね。

 

 

肉食ダイエットでオススメなのが
健康的に痩せて成功者が続出しているダイエット法、
『【荒木式】断糖肉食ダイエット』です。

 

 

肉をお腹いっぱい食べて痩せる
『【荒木式】断糖肉食ダイエット』のレビュー記事を
是非、ご覧ください。

 

 

↓ レビュー記事はこちら ↓

 

 

 

『【荒木式】断糖肉食ダイエット』

 

 

 

 

【筋トレ ダイエット に関する無料相談のご案内】

筋トレ ダイエットに関する正しいノウハウ、知識、情報を持って
実践しなければ、時間のムダづかいや遠回りをして
全然効果が出なかったり、不健康になってしまったりします。

筋トレ ダイエットに関してお悩みでしたら
下記にアンケートを用意しましたので
明記したうえでフォームからご連絡ください。

1、自分が太っていると認識したのはいつ頃か?

2、筋トレダイエット歴

3、ジムに通っているか?

4、週にどれぐらいの時間、筋トレしているか?

5、何故、痩せたいのか?その理由

6、筋トレダイエットをするために商品購入のご予算

7、具体的な相談内容、お悩み

SNSでもご購読できます。