【運動習慣】高年収な人ほど「運動は重要」と思っている 調査結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
101064

康維持やダイエットのために欠かせない「運動」。

大切だと分かっていても、なかなか実行できない、という人もいるでしょう。

一方で、ビジネスパーソンの多くが
「今より運動する時間を増やしたい」と考えている、との調査結果もあります。

 

こんにちは。

筋トレ ダイエット 口コミ 掲示板 管理人のRockです。

 

運動の重要性を意識し、
かつ実行に移している人は、そうでない人と比べて「年収」が高い傾向もあるようです。

 

クロス・マーケティングが今年8月、
全国のオフィスワーカー1200人(肉体労働者を除く会社員、サービス業の販売員など)を

対象にウェブアンケートを実施したところ、
全体の57%が「今後、運動量を増やしたいと思っている」と回答しました。

 

 

プレスリリース「ビジネスパーソンの運動に対

 

 

運動への意識は、全体的にかなり高いですね。

 

 

今よりも運動量を増やしたい理由としては、
身体面では「健康的な体型維持のため」、
意識面では「ストレス発散のため」
「日常生活に対するモチベーションが上がるから」などの数値が高く、
運動イコール
「生活意識を改善するための手段」として捉えているビジネスパーソンが多いと考えられます。

 

 

「運動は重要だと思うか」と聞いた結果では、
「そう思う」「ややそう思う」の合計が全体で9割に達しました。

 

 

興味深いのは「そう思う」の数値で、
世帯年収が高いビジネスパーソンほど明確に高いんですね。

 

 

世帯年収が300万円未満の層では「そう思う」が48%だったのに対し、
同1500万円以上では65%で、17ポイントの差がつきました。
通勤時や社内で、エスカレーター・エレベーターではなく階段を使うなど
「ビジネスシーンでの運動」を意識している人は、全体で23%。

プレスリリース「ビジネスパーソンの運動に対

 

こちらも、高年収の人ほど心がける割合が高い。

 

 

「意識している」「やや意識している」の合計は、
世帯年収300万円未満で18%だったのに対し、
同1500万円以上では31%と、13ポイントの開きがある。
属性別にみると、ビジネスシーンで運動を意識している割合が平均より高いのは
「管理職」(+7ポイント)、「営業職」(+5ポイント)。

 

営業職は外出機会が多いので、
仕事の中で運動を取り入れやすいという
理由もあるのかもしれないですね。

 

 

自分の体型や体調管理をしてこそ
仕事が出来る人だと思いますね。

 

引き締まった体型でキビキビ歩く上司と
メタボな体型でノロノロ歩く上司とでは

やはり肉体管理をしている上司に
信頼を寄せると思います。

 

運動を日常の中に取り入れていくのなら
楽しく運動をして
理想の肉体を手に入れてほしいですね。

 

是非、そんなビジネスマンの方にオススメしたいのは
話題のサーキットトレーニング+新有酸素理論をミックスした新しいトレーニングで、
なんと約3分から燃焼し始めるという活気的なトレーニング方法です。

 

 

↓ レビュー記事はこちら ↓

 

 

『BYE-10(バイテン)ダイエットプログラム』

 

 

 

 

【筋トレ ダイエット に関する無料相談のご案内】

筋トレ ダイエットに関する正しいノウハウ、知識、情報を持って
実践しなければ、時間のムダづかいや遠回りをして
全然効果が出なかったり、不健康になってしまったりします。

筋トレ ダイエットに関してお悩みでしたら
下記にアンケートを用意しましたので
明記したうえでフォームからご連絡ください。

1、自分が太っていると認識したのはいつ頃か?

2、筋トレダイエット歴

3、ジムに通っているか?

4、週にどれぐらいの時間、筋トレしているか?

5、何故、痩せたいのか?その理由

6、筋トレダイエットをするために商品購入のご予算

7、具体的な相談内容、お悩み

SNSでもご購読できます。